お役立ち情報第1回 ビマケ起業家飲み会(前編)

2018.06.04


集合写真

▼目次

参加者紹介

■下方 彩純 社長
MchS株式会社(みち)
代表取締役
http://www.mchs.co.jp

■中村 一浩 社長
cocorograph
代表取締役 兼 CEO
https://cocorograph.jp

■坂木 慎吾 社長
5-EVER株式会社
代表取締役
http://5-ever.biz

■森田 真伍 社長
株式会社ディーオーエル
CEO
https://dol.co.jp

■星野 雄大 社長
Amport株式会社
代表取締役
https://amport.co.jp

■今井 俊輔
株式会社ビジョン
WEBマーケティング事業部 次長

乾杯の挨拶

今井: 今日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。ビマケというサイトで、皆様をご紹介させて頂きながら、座談会のコンテンツを作りたいと思ってますので、ご協力お願いします。起業家、代表者にしか分からない話とか聞けるとうれしいです。また、今後定期的にこういったイベントを開催しようとおもっていますので、その際の議題としても使えるような起業家の考え方とか行動とかを掘り下げていけたらと思います。今日はいろいろ質問もさせていただきますので宜しくお願いいたします。乾杯。
一同 乾杯。お願いします。

集合写真

みなさん起業何年目ですか?

今井: 結構もう皆さん長いんですか、起業されてから。
星野: 去年の9月に立ち上がったばっかなんで。会社としては全然まだまだ。個人で動いてた期間もあったんで。立ち上げてはまだ一期という感じです。森田さんは?
森田: 6期目ですね。
坂木: おー長い。
下方: 一番経営者ですね。
森田: 大学生の時会社作ったんで。
星野: 何系の会社ですか。
森田: WEB制作と、メディアと、あとアプリすね。アプリの会社も1個あるんですけど、そっちのほうが人数が多かったり。
今井: 下方さんは、10か月前ぐらいに?
下方: 11か月前。11か月前ぐらいですね。6月決算なんでやっと。
今井: もうちょっとで。1年が。なかなか結構あれですね。6期、5年目、6年目ですね。
下方: そうですね今6期目でもうすぐ7期目になりますね。
中村: 1年未満という。僕は最近、めちゃくちゃ最近ですね。4月に設立したばっかりです。
一同 (笑い)
下方: 今日お祝いでもいいくらいの…
一同 (笑い)
中村: ほんとに、ばたばた。僕前職を2018年2月いっぱいでやめてるんですよ。
今井: ほんとに直近で辞めてから2ヵ月後みたいな感じで。立ち上げて。へー。
中村: ようやく、ようやくできたって感じですよ。そうなんですよ。
今井: 坂木さんは。
坂木: 僕は4期目です。
今井: 4期目。5年未満なんですね。
坂木: そうですね。
今井: 僕が聞いてたのは3年目とか、3の数字がつくところで、転機が来るみたいなのを聞いたんですけど。そういうのはやっぱあるんですかね。3ヵ月目、3年目みたいなそういうのが。
坂木: でも僕はあれですよ。7人、株主含めて7人で起業して、3か月後に1人になりましたよ。
一同 えー!1人になったんですか。
坂木: いろいろありまして。。。
今井: やっぱり3ヵ月で転機があるということですかね。
坂木: 3ヵ月ですね。もはやネタですけど。
今井: 3年目みたいなところは何かありましたか。それはあんまりなく?
坂木: あー3年目…一応3月末で丸3年終わったんですけど、1人社員が増えたっていうのと、売り上げがやっと億超えたみたいなところですかね。
今井: 逆に今転機といえば転機ですよね。そっからこうさらに。
坂木: そうですね。

起業したときってどんな苦労がありましたか?

森田: 僕は起業したとき、表参道に事務所借りたんですけど、そのときに1000万以上突っ込んでたっていうのはきつかったです。
下方: すごいですね、お金持ってたんですね!?
森田: そうですね。学生の時作ったんですけど、結構カツカツでした。最初は10人で立ち上げて役員と僕だけ会社のメンバーで、あとはインターンでやってましたね。
下方: 何に1000万かかったんですか。
森田: 物件の所得と保証金とか、もろもろで。一応デザイナーの事務所でやってたところを居抜きで借りたんで、結構安く済んだんですけど。でも結構お金使いましたね。
坂木: 法人だとあれですよね、1年分ぐらい前払いになるとか。
森田: そうなんですよ。
下方: 保証金ね。結構怖いですよね。1000万まじ怖いですよね。
森田: 怖いですねー。あほやったんですよね、なんも知らんかったんで。
星野: オフィスって、そういうもんなんだって思ってたんですかね。
森田: そうですね、いやなんか、何も実績がなかったので、自分自身。とりあえず表参道で借りたっていうので。
下方: あー。なるほど。いけるやろ!と。
森田: そんなんでやろうかなって思って。社会的地位みたいなものがあったらいいかと思ったんですけど、そんな甘くないですね。
今井: 会社の住所って、やっぱブランドにはつながるんですか。会社としての。
森田: 一応借りたんですけど、全然無駄でしたね。
一同 (笑い)
森田: ただでもそれがあったから結構いろんな人とつながったところもあったり。
坂木: 先行投資みたいなところですね。
森田: そうですね。今覚えば単純にそうですね。

集合写真

今どんなことやってますか?

下方: 今うち、アプリの開発会社もコンテンツマーケやってるんですよ。めっちゃうまくいってます。ぜひご利用ください。
中村: 営業かけてる。
坂木: さりげなく。
下方: 販促アプリのコンテンツは一か月で上がって、そっからの問い合わせがすごいです。ご相談ください。
中村: 結局あれか、営業かけるっていう。
下方: あ、でも全然、集客に困ったら。
森田: そうですね、でも僕がやってるEDAっていうアプリ開発会社も、問い合わせが半分で、あとのリテールの半分は僕が立ててるんですけど。
一同 (笑い)
下方: 属人化しまくってる。はい、僕ね、売り上げは100%たてて人のことは全然…属人化しまくってるっていうね。
森田: あ、でも最初だけ属人化させて、今当たってるところは上場企業が多いので、もうバトンタッチすればいいだけになるんで。
下方: 僕森田さんにおごりになろうかな。
森田: いやいやいや。
一同 (笑い)

皆さん節税とかって意識されてますか?

坂木: だから節税は、実は今日一番聞きたかったことなんですよ。皆さん何やってます?
今井: 節税どうですか。なんかありますか。節税これやってるみたいな。
中村: 僕はまだ1期目なんでとにかく売り上げ上げることしか。
下方: 逆に僕はめっちゃ相談してて。まず保険。保険めっちゃ入ってるんですよ。会社が傾いたら、保険も出すし、結局会社でやっても個人でやっても一緒だなっていう。
坂木: 保険の場合は損金にできるのは半分ですか。
下方: 半分ですね。節税のことは考えまくってます。
今井: そういう情報ってどこで仕入れるんですか。節税とか。
下方: 保険会社が教えてくれるんですね。FPさんとか。
今井: あー。ファイナンシャルプランナー。
下方: で保険勧誘していきたいから。
坂木: 僕税理士に聞いてますね。
今井: それは専属の税理士ですか。
坂木: そうです。
今井: あとはこういう起業家同士の情報交換とか、先輩から教えてもらうくらいしかないですよね。
坂木: そうですね。

集合写真

起業家の方って、営業系、財務系、技術系などの偏りはあるんですか?

森田: ほとんどの社長さんが技術型か営業型なんですよ。それで、財務型じゃないと庶務的なことで困ったりとか事務的なこと、好き好んでやってくれる人じゃないと、処理するのめっちゃ大変だと思います。
下方: 財務型の経営者って、硬くないですか。
森田: 私の知ってる財務型の社長さんだと、少し硬くは感じますけどそれだけシビアに見てるっていうことだと思います。
下方: その財務型の経営者の方の経歴は、今社長をやる前から財務型だったんですか。
森田: 今は財務型ではあるんですけど。 最初、一番最初の経営し始めたときは営業型だったらしいですよ。起業してからはお金をずっと払わないかんから、キャッシュフローを常に考えておくっていう。
今井: そっち系必要なんですね。
森田: そうなるとめっちゃ最強ですね。営業型と財務型の両方をもつ社長さんは強いなと思いますね。
今井: 経営者にもタイプの偏りとかあるんですね。営業型だけでも、財務型でも上手くはいかない可能性もあるってことなんですね。
下方: そうですね。ただ、自分にないならそういうスキルをもった人も仲間にするというのも重要ですよね。
一同 そうですね。

関連記事