お役立ち情報【全国版】会社と従業員を守る! 企業向け助成金まとめ

2020.05.21



新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げの減少をはじめ、経済上の理由で事業活動の縮小や休業を決めた企業も少なくありません。
現在、日本の行政機関が事業支援のために展開している助成金を紹介します。
助成金の中には、テレワーク導入に利用できる制度もあります。
会社と従業員の雇用を守るために活用しましょう。

助成金とは
返済不要の公的資金です。
条件が揃えば受けられる制度です。
助成金が支給されることは会社の実績になるため、以降の公的融資制度の審査が通りやすくなる場合もあります。

ビマケでは、助成金の診断・提案・申請のサポートもしています。

▼目次

  • 1. 持続化給付金
  • 2. 小規模事業者持続化補助金(一般型)
  • 3. 働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)
  • 4. ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)
  • 5. 【まとめ】実は助成金の種類は3000以上!
  • 持続化給付金


    感染症拡大により特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続および再起の糧として事業全般に広く使える給付金です。
    農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入を得ている法人・個人が対象になります。

    支援内容

    法人は200万円、個人事業者は100万円を上限として、昨年1年間の売上からの減少分が支給されます。

    売上減少分の計算方法
    前年の総売上(事業収入) — (前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

    申請条件

    1)2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があること

    2)2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50パーセント以上減少した月が存在すること

    3)法人の場合は、2020年4月1日時点で、次のいずれかを満たす必要があります。
     ・資本金の額または出資の総額が10億円未満
     ・上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2000人以下

    受付期間

    2020年05月01日(金)~ 

    申請方法

    Web上での電子申請が基本となります。

    詳細は『中小企業向け補助金・支援サイト ミラサポ』のページをご確認ください。

    小規模事業者持続化補助金(一般型)


    小規模事業者向けに、経営計画に基づいた販路開拓等の取組や業務効率化の取組を支援する補助金です。

    支援内容

    補助額上限:50万円
    補助率:3分の2

    ※採択審査により加点措置あり

    申請条件

    商工会議所の管轄地域内で事業を営む『小規模事業者』および、一定の要件を満たした特定非営利活動法人

    小規模事業者の定義
    商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く):常時雇用する従業員の数 5人以下
    サービス業のうち宿泊業・娯楽業・製造業その他:常時雇用する従業員の数 20人以下

    受付期間

    第1次締切:2020年3月31日(火)
    第2次締切:2020年6月5日(金)
    第3次締切:2020年10月2日(金)
    第4次締切:2021年2月5日(金)

    当日消印有効です。

    申請方法

    申請書類の郵送または、Web上での電子申請。

    詳細は日本商工会議所のページをご確認ください。

    働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)


    新型コロナウイルス感染症対策を目的としたテレワークを新規で導入する中小企業事業主を支援する助成金です。

    支援内容

    補助額上限:100万円
    補助率:2分の1

    申請条件

    労働者災害補償保険の適用中小企業事業主

    対象となる中小企業事業主
    労働者災害補償保険の適用中小企業事業主

    小売業(飲食店):資本金 5000万円以下、常時雇用する従業員 50人以下
    サービス業:資本金 5000万円以下、常時雇用する従業員 100人以下
    サービス業:資本金 1億円以下、常時雇用する従業員 100人以下
    その他の業種:資本金 3億円以下、常時雇用する従業員 300人以下

    受付期間

    交付申請:2020年05月29日(金)まで
    支給申請:2020年07月15日(水)まで

    当日必着です。

    申請方法

    申請書類を郵送。

    詳細は厚生労働省のページをご確認ください。
    通常のテレワークコースもあります。

    ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)


    新製品およびサービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資等を支援する補助金です。

    支援内容

    補助額上限:原則1000万円
    補助率:中小事業者は 2分の1、小規模事業者は 3分の2

    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を行う事業者は、以下の特例措置が適応されます。

    ①優先的支援(採択審査における加点措置)
    ②申請要件の緩和(生産性向上や賃上げにかかる目標値の達成時期を1年間猶予)
    ③遡及適用(交付決定日前に発注した事業に要する経費についても補助対象に)

    申請条件

    中小企業・小規模事業者等

    受付期間

    3次公募開始日:2020年05月予定
    3次申請開始日:2020年06月予定
    3次公募締切日:2020年08月予定

    申請方法

    Web上での電子申請。

    詳細はものづくり補助事業公式ホームページをご確認ください。

    実は助成金の種類は3000以上!


    今回紹介した制度を始め、日本には多くの助成金がありますが、受給対象になる可能性があっても助成金の存在を知らずにいる場合があります。

    従業員に助成金のリサーチ・申請の仕事を依頼、またはコンサル会社や社労士に提案してもらう等の対応が必要になるので、本来の業務に注力することができなくなってしまいます。

    そんな時はビマケにお任せください!


    助成金のご相談はこちらから


    関連記事

    ビマケのビジネスなんでも相談窓口 ビジネスのお悩みを解決・サポート

    ビマケを今すぐシェアしよう!

    • LINEで送る