お役立ち情報在宅勤務で需要アップ!環境が変わって需要が増えたものは何?





多くの会社がテレワークを導入したことにより、自宅で仕事をする方が増えました。
それにより、自宅勤務用のアイテムの需要が急増し、品薄状態になり入手困難になる現象がありましたね。
例えば、テレビ会議やプライベートでも使えるWebカメラが数ヶ月先の予約販売になり、中古品の値段が高騰するなんてことも。

この記事では、ビマケが取り扱う50を超える商品の中から最近特にお問合せが増えたものをご紹介します。

インターネット回線・モバイルWiFi

会社員の在宅勤務に加え、学生のオンライン講義への参加やオンライン塾の増加で自宅でのインターネット利用量が急激に増えました。

利用量が増えたことで、これまで自宅でインターネットをあまり使わないためスマホだけで済ませていた人や、家族共有で上限設定のあるインターネット回線を使っていた人などがモバイルWiFi等を利用することになり、需要が一気に増えました。

ビマケが運用しているグローバルWiFiWiFiレンタルドットコムなどのモバイルWiFiのレンタルサービスにも多くのお申込みが続いています。

業務用携帯電話

「会社を不在にするため、取引先やお客様との連絡ができない!」
ということが導入の主な理由で、業務用携帯電話の需要が高まりました。
メールだけのやり取りだとタイムラグが発生してしまうことや、コミュニケーションが取りづらくなっているため、携帯電話での通話によるコミュニケーション需要が増えています。

また、「業務では電話が使えればいい」というニーズも多いので、
スマートフォンタイプよりも従来の折り畳みタイプをご希望される方が多いのも特徴です。

今の折り畳み携帯電話は『ガラケー』と呼ばれていた3G回線の端末ではなく、進化した携帯電話とも呼ばれる『ガラホ』に該当します。

『ガラホ』はスマホの機能も搭載されている4G回線の端末です。(順次サービスが終了されるという3G回線の端末とは別物です)

また、折り畳み携帯電話のほうがコストは抑えられますが、スマホにすると会社の内線として使えるメリットがあります。
会社にかかってきた電話を内線でつなぐ要領でかけるとスマホが鳴るので、外出先でも電話を受けることができます。
ただ、このシステムはあくまで誰かが会社で電話を受けなければいけません。
在宅勤務で誰も会社にいない時には利用できません。
また、会社にかかってくる電話は、代行サービスで受けてもらうことができます。
受けた電話はメール・LINE・SNSなどご指定の方法でご連絡します。

ビマケのおすすめ!

法人向けガラケー、スマホ
法人携帯ドットコム

電話代行サービス『テレレ』

ビジネス用チャットツール

テレワークによりオフィスで一緒に業務をしていたメンバーと会わない日が続き、これまで以上にコミュニケーションが重要になりました。

メールでのコミュニケーションではタイムラグが発生するため、LINEやFacebookメッセンジャーを利用する企業も多いようです。
しかし、社内のコミュニケーションをプライベートで多用されているSNSで行うのは情報管理の意味でもリスクがあります。
社内向けコミュニティに業務連絡を投稿したと思ったら、間違えて友達のコミュニティ投稿してしまうというミスが発生してしまうことも。
そのため、無料でも使えるビジネス用チャットツール導入の検討をする企業が多いようです。

ビマケのおすすめ!
ビジネス用チャットツールの決定版『JANDI』

クラウド勤怠管理

紙のタイムカードで出退勤を管理していた企業の方より、
「在宅勤務が始まるから勤怠管理システムを導入したい」
と、テレワーク導入のタイミングでシステム利用を検討されることが多いようです。

クラウドシステムなので初期の導入コストがかからず利用人数に応じての月額が算出されるため、ムダがありません。
最短で翌日から使えるというのも利点です。

ビマケのおすすめ!
勤怠・スケジュール管理 『VWS』

まとめ

労働環境の急激な変化に対応しなければならず大変なことも多いですが、
「こんな時だからこそ」と前向きに考えている企業の方が多い特徴でした。

ピンチをチャンスと捉えてビジネスを進める企業様を、ビマケは全力で応援しています!

「こんなことできないかな?」と思ったらビマケへご連絡ください。


ビジネスの相談・お問合せお待ちしてます!


関連記事

ビマケのビジネスなんでも相談窓口 ビジネスのお悩みを解決・サポート

ビマケを今すぐシェアしよう!

  • LINEで送る