お役立ち情報ガラホって何?実際どうなの?

2018.10.12


ガラホ

はじめに

携帯電話各社がガラケーの製造を終了しました。
それに伴い現在では「スマホ」と「ガラホ」が主流になっています。
みなさん「ガラホ」「ガラホ」と言っていますが、実際何が変わったのかご存知の方は少ないはず。。。
今回はその「ガラホ」のメリット・デメリットをご紹介します。

▼目次

ガラホって何??

「Android」OSを搭載したガラケー端末の事を、通称「ガラホ」と呼んでいます。
形状は「2つ折り」が多く、物理的にボタンを押して操作するタイプがほとんどで
ごく一部の端末では、昔のPHSの様なストレート型も存在しています。
Androidを搭載しているといっても操作感はガラケーと変わらないので
誰にでも親しみやすい端末になっています。

目次へ

ガラホのメリット・デメリット

ガラホ メリット
一番大きなメリットとしてガラホで「LINE」が使える事にあります。
スマホが不安。。。という方でも今までの通りの使い方で
LINEを利用することが可能となります。
またブラウザも強化されているので、画面は小さいですが
「Youtube」などの動画サイトも視聴することが出来ます。
Wi-Fi機能付きの機種も出ているのでwifi環境を整えている場所であれば
wifiに接続して利用すれば、仮に動画を視聴したとしてもパケット料金を気にせずに利用することができます。
また、4G通信に対応しているので「VoLTE」などの高品質な通話も出来る様になりました。
デメリットとしてはネット機能が便利になった分、パケットサービスの加入が必要になりました。
もちろんネット加入なしの契約も出来ますが、機能を存分に発揮することが出来ません。
そういった意味では料金が高くなったと捉えていいかもしれません。

目次へ

ガラケーといえばバッテリーが長持ち!ガラホのバッテリーは??

電池が無い
結論から言うと、かなりバッテリーは長持ちします。
LINEなどの機能が色々付いていますので単純な持ち時間は差ほど変わらないかもしれません。
ですが連続通話時間や待受時間は確実にバッテリーの持ちは長くなっています。
カタログスペックでは近年のガラケー端末の約2倍になっています。
「通話だけ」の利用であればかなり快適に利用出来る事でしょう。
その分バッテリー自体は大きくなっているので昔の端末より重量は増えています。

目次へ

まとめ

ガラホはガラケーより優れているのか?
この問いには「優れている」と筆者は回答できます。
10年前の様な個性のある端末はもう出てこなそうでですが
堅実な進化を遂げたガラホはビジネスユーザーには重宝するでしょう。
スマホとは違うユーザーを獲得したガラホ。
私たちの様な法人ユーザーには長く愛される事になりそうです。
まだガラケーをご利用されている方にはガラホへの変更をおススメします。

ビマケなら初期費用無料で法人向け携帯電話を導入可能!

法人携帯

事務手数料や乗り換え手数料、解約違約金など当社負担で導入可能!

さらに法人名義だとショップにはない法人限定のプランもあり!初期費用も月額利用料も個人契約よりずっとおトクな法人利用にピッタリなプランをご提供できます。


関連記事

ビマケのビジネスなんでも相談窓口 ビジネスのお悩みを解決・サポート

ビマケを今すぐシェアしよう!

  • LINEで送る