お役立ち情報法人向け携帯電話はガラケー?スマホ?どっちを選ぶのが良いの?




はじめに

会社での仕事用に携帯を支給したいが、ガラケーがいいのか、スマホがいいのか、まずここで悩まれる方はまだまだ多いと思います。
通話しかしないからガラケーで十分!アプリを使いたいのでスマホ!スマホにしたいが料金が…
様々理由はあると思いますが、もう一度それぞれの特徴をまとめてみましたので、ご導入の参考にしていただければ幸いです。
 

▼目次

 

ガラケーのメリット

まず料金が安いということが挙げられます。スマホに比べて通信に限界がありますので、基本的には通話をメインで利用することになるでしょう。
最近では、どの携帯キャリアもかけ放題が主流になってますので、基本料金だけで使える可能性があります。
他にも、機能がシンプルが故に電池の持ちがいいことも挙げられるでしょう。
ガラケーといえば二つ折りの携帯電話ですので、落とした時に画面が割れたりせず壊れにくい特徴もあります。

従来のガラケーは利用終了間近

従来ガラケーと呼ばれていたものは、3G回線の終了に伴い生産が終了しています。
今市場に出ているガラケーと同じ2つ折りのものは、ガラホと呼ばれるスマートフォンの機能を持ち合わせたガラケーです。

3G回線は各社で終了時期が変わりますが、現時点では2022年~2026年の間に終了する予定です。
・docomo:2026年の3月末
・au:2022年の3月末
・Softbank:2024年の1月下旬

目次へ
 

スマホのメリット

スマホのメリット

アプリの利用ができることが一番のメリットでしょう。現在、SNSアプリ・地図アプリ・カメラアプリ等実に多様なアプリが展開されています。電話としての機能を大きく超えた使い方が期待でき、日常生活の様々な場面で活用することが可能となります。
ガラケーと比べて画面が大きく、文字が見やすい為、このようなアプリも利用しやすくなっています。
画面の大きさは、メール利用・インターネット閲覧の際にも利便性がありますね。

テレワークや外勤営業に最適なスマホの内線化にも対応

新型コロナウイルスの影響で、オフィスに出勤するスタイルに大分変化が生じてきました。
これによって困ったのが、会社にかかってくる電話
これまでは内勤スタッフが受けていましたが、この時代になって内勤スタッフから優先的にテレワーク(在宅)に切り替えるようになってしまったことで、電話を受けることが難しくなってしまいました。

ここで便利なのがスマートフォン。
今やスマートフォンはオフィスのビジネスフォン代わりとして利用できます。
・オフィスで受けた電話をスマートフォンへ内線として転送
・外出先からお客様先へスマートフォンから会社の電話番号で発信
どこにいても、会社からの電話と同じように使うことができるようになりました。

スマートフォン導入で、ビジネスフォンの導入台数も削減することができ、非常に効率も費用対効果も高くなっています。

目次へ
 

利用料金が安いのはどっち?

携帯電話 利用料金

利用料金については、通信費用の差でガラケーの方が安くなることケースが多いです。
スマホは、上述のアプリやインターネット検索等で通信費がかかる為、その分料金がかかりがちです。

法人限定のプランもあります

個人申込ですとガラケーの倍以上になることもありますが、法人契約で法人プランを選択すると数千円のプラスで導入することも可能です。
携帯ショップでは法人プランの展開をしていませんので、法人プランへの申込の場合は販売している場所でお申込みが必要になります。

目次へ
 

まとめ

アプリの利用をしないということであれば、料金の面でも利用用途の面でもわざわざスマホにする必要はないでしょう。
しかし、外出先でも事務所内の仕事をしたい!と考えているなら、スマホは非常に便利で大きな助けとなります。
取引先とのメール・スケジュール管理・地図・社内コミュニケーション等、業務効率UPの為のアプリはこれからもどんどん増えてくるでしょう。
このようなスマホを利用することによる様々な利便性を考慮すれば、利用料金だけを見て高いとは言えないかもしれません。

ビマケなら初期費用無料で法人向け携帯電話を導入可能!

法人携帯

事務手数料や乗り換え手数料、解約違約金など当社負担で導入可能!

さらに法人名義だとショップにはない法人限定のプランもあり!初期費用も月額利用料も個人契約よりずっとおトクな法人利用にピッタリなプランをご提供できます。


関連記事

ビマケのビジネスなんでも相談窓口 ビジネスのお悩みを解決・サポート

ビマケを今すぐシェアしよう!

  • LINEで送る