Qコピー機が静電気が溜まって困っています。いい対処方法はありますか?
A

コピー機の静電気を防ぐいい方法があります。

コピー機が静電気を帯びてしまう理由はいくつかあります。
そもそもコピー機は、光と静電気を利用して感光体ドラム表面に文字や絵の静電気像を写し
そこにトナー(粉状のインク)を付着させて、熱ローラで用紙に定着させる機械です。
構造的に静電気を利用しているので静電気を持ってしまうことは仕方ないことなのかもしれません。

他にも、連続でコピー機を使用している際に
給紙トレイの中で紙と紙が擦れ合い、静電気が発生することもあります。
最近のコピー機は静電気対策が取られており少しは改善していますが、利用環境によっても異なるようです。

静電気を防ぐために有効なのは
設置環境の改善と給紙トレイで発生する紙と紙が擦れ合って起きる静電気を減らすことです。

設置環境については
オフィスフロア等でよくあるカーペット(絨毯)などの上に置いていると静電気が発生しやすくなっていまいます。
また、空気が乾燥しやすい環境などでも同様となりますので
設置環境を見直してあげれば静電気を防ぐことにつながります。

給紙トレイで発生する静電気については
紙をセットする際に、あらかじめ紙と紙の間に空気を入れてあげて利用すると、かなり静電気発生を抑えることが可能となります。

弊社では、本体代金だけでなくランニングコストも含めたコピー機のトータルコストを格安でご提供することが可能です。
お客様のニーズに合わせてコピー機・複合機のプロがしっかりとご提案・お見積もりをさせていただきますのでお問い合わせください。

営業時間:9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

 


他の質問をする
聞きたいことは何ですか?
(サービスごとに絞り込みができます)