QTAのACTランプは点灯しているが、電話が利用できない
A

ACTランプ(電源ランプ)が『点灯』の状態は、ISDN回線の信号が機器本体まで通っているため

正常』な状態となります。

ただ、ターミナルアダプター本体からの配線抜き差しを行うことで『点滅』に変わる場合もあるため、

一度配線の抜き差しを行うようにしてください。


■配線抜き差しでもACTランプが『点灯』の状態

回線状況とTAまでの配線(モジュラージャック→TA本体のLINE)までの配線は正常となります。

以下をご確認ください。

 

・受話器をあげた時に『ツー…』と音がなるか?

・受話器をあげた時に繋がっている『TEL1/TEL2』のLEDランプは点灯するか?

鳴る、TELポートも光る

正常な反応です。それでも電話が使えない場合は、接続端末(電話機など)の設定をご確認いただき

弊社窓口までお問合せください。ターミナルアダプターの内部設定を確認いたします。

 

例)着信ができない→拒否設定が入っている、着信禁止の規制が入っている

例)発信ができない→回線種別の設定が正しくない、発信禁止の規制が入っている

例)着信音が鳴っても電話に取れない→ターミナルアダプター内部設定と利用電話機の設定が相違している(ナンバーディスプレイ不一致など)

 

鳴らない もしくは TELポートが光らない

∟受話器を上げたことをTA本体で認識できていないため、接続TELポート(各アナログポート)から接続端末(電話機やFAX機)の配線を確認してください。

例)TEL1ポート ー 電話機のLINE※1

例)TEL2ポート ー コピー機の回線※1

※1接続機器により、回線の差し込み口の名称は異なります。

 

∟アナログポート(TEL1/TEL2)を入れ替えて利用が可能か確認してください。

TEL1ポートに接続にの場合は一度TEL2へ、TEL2ポートの場合はTEL1へ入れ替えた状態で

利用可能な場合は、本体のアナログポート接続口の不良の可能性があります。

 

∟モジュラージャック ー ターミナルアダプター本体のLINEまでの線(A)と接続TELポート ー 利用端末までの線(B)を

入れ替えてご利用可能かご確認ください。

この状態で利用できるようになった場合は接続している『電話線ケーブル』が故障(劣化・断線・接触不良)している場合があります。

※電話線については、消耗品となります。弊社では電話線のみの再送は行っていないためお客様にてご希望の長さの電話線ケーブルを

家電量販店などでお買い求めください。


他の質問をする
聞きたいことは何ですか?
(サービスごとに絞り込みができます)